病院よりお知らせ

「里親探しをしてほしい」とのお問い合わせを多くいただきますが

動物をお預かりして飼い主を探すといった活動は行っておりません。

新しい飼い主探しは

飼い主さん、保護主さんなど, お世話をされる方が主体となって行うべきである

と考えております。

飼い主探しのお手伝いはいたしますので、ご相談ください。


飼い主募集中


   ハル顔s.jpg柴犬 2歳半 ♀ トライアル中!!    黒猫顔.png黒猫 2ヶ月 ♀ 4姉妹

2010年11月02日

ハル近況

ハルが病院に来てはや2ヶ月になろうとしています。
慣れない慣れないと嘆く日々でしたが、
ハルはハルなりに周囲の環境と折り合いをつけつつあるんだなあ…と
思わされる出来事もちらほら。

ハル101026-12s.jpgアタクシになにか御用でも?

まず、私が診療終了後や休診日に病院に入ったときに、唸らなくなってきたこと。
(えっ、それが進歩!?  そう、そういう犬なのですハルは)

自ら進んでケージから出るようになったこと。
誰かがケージの扉を開けようとしたとき、扉のそばに座って開くのを待つことが増えてきたこと。
(以前は扉が開こうが閉まろうが奥の間にこもっていて、扉が開いてもしばらくは出てきませんでした)

私が動いても、逃げないでその場で黙って見ていられることが増えたこと。
私のそばに寄ってきて愛撫を受けることができるようになったこと。
(愛撫を受けに近寄っているかは不明ですが、そばに寄れば必ず撫でたり抱いたりする人に自分から近寄るようになりました)

抱っこに慣れてきたこと。
(以前は体を硬直させていましたが、脱力できるようになってきました)
つい最近、「ハル」と呼んだときに初めて「嬉しそうな様子で」2〜3度尻尾を振ったこと。
(尻尾を振ることはときどきありましたが、どうも振るポイントが分かりづらいのです。単に興奮しているときに振ることも多い)

などなど。

ハル101026-11s.jpgもうよろしくって?アタクシそろそろ休みますので…

しかし2ヶ月でまだここか…
まだ先は長いようです。

ハル101026-13s.jpgリラックスして寝られるようになったのも進歩です


***************************************************************
ハルの新しい飼い主さんになられる方には、
犬の適切な社会化トレーニングおよびしつけに関する知識と意欲が必要になります。
極度の怖がり柴のハルが、なるべくストレスなく人間社会に適応していくためには
飼い主さんのたゆまぬ努力と協力が不可欠です。
ハルのお世話に手間と時間をかけることができ、
犬についての勉強をしていただける飼い主さんを希望いたします。
***************************************************************
posted by 病院スタッフ at 18:53| Comment(0) | 犬 募集中>ハル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。